保健所で移動販売車の許可を取る方法(開業・仕込み場所・食品移動販売など)

皆さんが、これからキッチンカーを使ってビジネスを始めようとする際の最初の関門が営業許可です。

今回は、移動販売の営業許可について説明致します。

営業許可はどこでもらえるのか? 一言でいうと、「管轄」の保健所ということになります。 「管轄」と、あえて書いたのには理由があります。 ご存知の通り、保健所は各自治体毎に設置されていて、普通の固定店舗を出す場合には最寄りの保健所に飲食店営業許可の申請を出すことになります。しかしながら、キッチンカーは出店場所が変わるため、最寄りの保健所へ…というわけにはいかないのです。 少し困ったことに保健所によって許可の通し方が微妙に違ったりしているのです。 自宅の住所であったり、キッチンカーを停めている住所(駐車場)だったり、出店する場所の住所だったり、仕込み場所の住所だったりと保健所毎、担当者毎に見解が違う場合もあります。 とにかく一度、保健所に行って話をするのが一番の近道だと思います。

東京、埼玉、神奈川、千葉の全てで開業許可をとるとしたら

仮に東京都で飲食店営業許可を取得した場合は東京都区内および都下での営業が可能ですが、一部の都市(八王子市・町田市)では営業することが出来ません。 東京都全域での営業を可能にするには、東京都・八王子市・町田市の3か所から飲食店営業許可を受ける必要があるのです。 同様に埼玉県全域で営業を可能にするには、さいたま市、川越市、その他埼玉県の3か所を取得しなければなりません。 神奈川県全域での営業に至っては、川崎市・横浜市・横須賀市・相模原市・藤沢市・その他神奈川県の6か所を取得する必要があるのです。 千葉県全域での営業は千葉市・船橋市・柏市・その他千葉県全域の4か所を取得する必要があります。 申請費用はある程度必要になってきます。 これも保健所によって若干の差がありますが、業種1件あたり14,000~18,000円ほど必要になってきます。 東京・神奈川・千葉・さいたまの全域で飲食店営業と菓子製造業の許可を得るには、ざっくり400,000円以上の費用がかかります。 しかも5年毎に更新(更新費用は少し安い)する必要がありますので注意が必要です。

ポイントは地域の絞り込み

既に、考えられている方もいるかもしれませんが、全ての管轄エリアの許可をとるのではなく、どこか一箇所(もしくは数箇所)の開業許可を取ること考えていただければと思います。 そのために必要なのは、「移動販売車をどこに出店するか」というテーマになります。こちらについては別テーマになりますので、別でまとめましたのでそちらをごらんください。

保健所に行くのが一番早いが、その前に要点を予習しましょう!

さて、いきなり保健所に行って相談する前に予備知識として理解しておいた方がよいポイントを紹介させていただきます。 ■自動車による営業の種類は大きく2つに分かれています。 ・販売業・・・自動車に施設を設け移動して食品を販売する形態 (移動コンビニや移動スーパー等が該当します) ・調理営業・・・自動車に施設を設け、車内で調理・加工および販売する形態 (キッチンカーでランチやクレープ等を販売している車が該当します) さらに、 販売業で4種類(乳類販売業・食肉販売業・魚介類販売業・食料品等販売業) 調理営業で3種類(喫茶店営業・飲食店営業・菓子製造業)の業種に営業許可が分かれています。 皆さんがキッチンカーで「何の商材を提供するか?」によって設備基準や営業許可の種類が変わってきますのでご注意下さい。

商材によって変化する設備基準を知っておく。

ここでは、調理営業のケースについて、もう少し掘り下げてみたいと思います。 商材によって設備基準が違ってくるということを理解してください。 まずは給水・排水のタンク容量です。 東京都を例にとって掘り下げてみたいと思います。 タンク容量が40リットル以上、80リットル以上、200リットル以上で区切られてます。 うどんやそば等の大量に水を使う商材は200リットル以上のタンク容量を求められます。 (軽自動車に200リットルタンクを積むのは、少し無理があるので軽自動車に積むなどテストしてみてください。) 40リットル以上 喫茶店営業(多量の水は使わない・容器は使い捨て・商材は単一品目) 80リットル以上 飲食店営業(多量の水は使わない・容器は使い捨て・商材は複数品目) 200リットル以上 上記以外 といった具合です。 (上記は東京都の場合ですが、横浜だと軽自動車はタンク容量にかかわらず単一品目のみなど保健所によって基準が違います。)

飲食店営業許可と菓子製造業の線引きを理解しておこう!

もうひとつ商材によって営業許可の種類が変わる飲食店営業許可と菓子製造業の線引きです。 調理パンはどっちに該当?クレープにツナハム挟んだらどっち?非常にグレーゾーンです。 これだけ食べ物が多様化している現在、完全な線引きは難しいと思います。 とはいえ、怪しい場合には両方取っておいた方が無難です。

保健所以上に、イベントの主催者への許可のニュアンス

どちらかというと許可を出す保健所よりも、イベントの主催者側からクレープで出店するんだったら菓子製造業許可持ってないと出店NGと言われたりします。

仕込み場所の概念を理解しておきましょう!

もうひとつ重要なポイントがあります。「仕込み場所」という概念です。 調理営業の場合、車内で簡単な調理や加熱・盛り付けのみが許されており、仕込みは別の場所で行うことになっています。 仕込みが必要のない商材であっても、給水タンクに水を補給する場所は仕込み場所でやらなければならないということです。 いざ、キッチンカーでビジネスを始めたいと思っても、この「仕込み場所」がネックになる人も少なくありません。 開業資金を計画している方は、この仕込み場所も予算の中に含めることを忘れないようにしてください。 回避策としてよく聞くのが、知り合いの居酒屋さんの厨房を営業時間前に借り方法や、キッチンカー仲間同士で共同の厨房を使ったりする方法です ただ、この方法で注意して頂きたいことは、万が一食中毒等を出してしまった場合、仕込み場所の営業もストップさせられるというリスクがありますので、その点をオーナーや共同利用する仲間と話をしておくことが重要です。

最近の傾向と対策として電力について知っておく

最近の傾向として注意点をもう一つ。(東京都の場合) 設備基準の項目の中に 「営業のために必要な電力を供給する電源装置を営業車の食品衛生上支障ない箇所に設けること」 という文言があります。 要はエンジン発電機は外に出しちゃダメという解釈らしく、車体の中に組み込むか、バッテリーからDC12V→AC100V変換してねという意図のようです。

開業許可の申請書類について知っておきましょう!

次に申請書類についてです。 営業許可申請時には何種類かの書類を提出する必要があります。 これも保健所によって書式やフォーマットに若干の違いがありますし、提出が必要な書類も保健所によってマチマチです。 ・営業許可申請書 ・営業設備の大要・配置図 ・仕込み場所の営業許可証の写し ・営業の大要 ・食品衛生責任者の資格を有する証明するもの(食品衛生責任者手帳) ・車検証写し ・仕込み場所の水質検査証明書 ・検便検査成績書 ・申請手数料 などが該当します。

保健所で開業許可を取る時の手続きの流れを把握しましょう!

手続きの流れとしては、 1.保健所に事前の相談(商材・出店場所・キッチンカーの設計図を元に担当者と打ち合わせ) 2.申請書類に記入(記入方法がわからない場合は保健所の担当者に確認)して申請書提出 3.キッチンカー入手後、施設検査の日程調整 4.キッチンカーを保健所に持ち込み施設検査の実施(指摘事項を受けた場合には改善して後日再検査を実施) 5.許可証の交付 となります。 いずれにしろ、事前の相談の時点で担当者とよく話し合うことが重要です。 保健所のホームページでダウンロード出来る資料もありますので、あらかじめ入手して色々と調べてみることをお勧めします。 考えすぎて手足が止まってしまうのは良くありませんが、この辺りは1日時間使ってゆっくり保健所と話をするのは大切な仕事だと思います。 関東版の保健所一覧を作りました。こちらも、連絡をする時などに参考にしていただければと思います。 移動販売を開業するときは開業許可について理解するのが大切です。そして、開業許可を理解してから必要なのは、移動販売車の製作についてです。 移動販売車の製作についてはこちらに詳細がありますので、ぜひ、ご覧ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。